体験レッスンから入会成立まで

秋は習い事始めに適しているようで、うちのピアノ教室にもお問い合わせが結構来ています。

そのうちの一つは、大人の女性で今連絡を取り合っているところです。もう一つは、友人の知人という繋がりの姉弟で、来週体験レッスンと面接があります。

以前は生徒集めに苦労していたのですが、一番効果的だったのはネットでの募集でした。ネットは危険じゃないかと友達に言われます。確かに中学生が勝手に申し込んだりとか、メールの文章がタメ口でちょっと怪しいとか、いろいろな方がいらっしゃいました。

やはり今の時代ですから、慎重にしないといけないと思います。お子さんのピアノの先生を探しておられる場合はほぼ大丈夫なのですが、大人の方には身構えてしまいます。メールの交換だけでは、中には女性と偽って実は男性という話も十分ありえます。

数年前に体験・面接に来た大学生の男の子は、外見もロックな感じで、髪型からピアスから相当変わっていたのですが、打ち解けてくると前のピアノの先生の悪口を言い出しました。「クソばばあが・・・」とか「ぶっ殺したい」とまで言っていました。その時の目つきも怖かったので、やはり理由を適当に変えてお断りさせていただきました。

本当は素直で純粋にピアノが好きな子かもしれませんが、判断としては1回の面接しかない訳なので仕方ありません。

ピアノ教室のお問い合わせがあっても、場所が遠すぎたり条件が合わなかったりで、3人に2人は没になります。第一段階をクリアしたら私から指導要綱をメールに添付して送り、了承していただければ体験レッスン面接へと進む運びになっています。

体験レッスン後、後日のお返事の方は半分の確率で没になります。そのお返事もない方が最近いらっしゃいますが、やはり「NO」でもきちんとお返事をいただきたいと思います。

♪他のピアノ教師本音トークはこちらから♪
ある生徒さんのレッスン前に気持ちが重くなってしまう
生徒さんの「気になる一言」2つ
自分が教えられるからピアノ教室に行かないという選択

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください