Top >  ブログ  >  先生から「曲をいただく」ということ

先生から「曲をいただく」ということ

2015.10.06

私は大先生に曲を決めてもらうと、その曲を「先生からいただいた」と認識します。

これは自然に備わったもので、おそらく音大に進学した人ならこう考えておられる方は多いと思います。

これこそ師弟関係の認識であり、先生に演奏法を伝授していただくということに繋がっていると考えられます。

大先生はいつも「ピアノのお稽古」とおっしゃっておられるのもなるほどと思います。

曲が合格して、次の曲を選んで下さる時の時間はドキドキしました。

大先生はちょっとお顔を傾けて、じっと考えてくださるのです。

『先生からいただく曲』はどれもうれしくて、「とうとうこの曲が弾けるようになったんだ。」と喜んでいました。

一方、自分に合っていないように思い、試験曲の変更をお願いした友人もいます。

しかし友人は年齢を重ね、
「なぜあの時あの曲を先生が下さったのかが、今ようやくわかってきた。」と言っています。

先生は 一人ひとりの現状を把握して『あの曲を弾く前にはこういう曲を練習させる』ということを考え、選んで下さっていたのだと思います。

また、試験向きの曲、演奏会向きの曲というものもあります。

今では大先生が、私達卒業生に自由に曲を選ぶようにとおっしゃって下さいます。

自分で選ぶのも勉強でしょうが、これほど難しいこともありません。

あっちの曲、こっちの曲と目移りしてなかなか落ち着かないです。

先生から曲をいただいていた頃が懐かしい~

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン