音大受験3点セット(聴音・ソルフェージュ・楽典)

姪が音大受験のための聴音・ソルフェージュ・楽典の3点セットを習いに行きだして、1年半経ちました。先生は姪が受験する大学の作曲専攻の講師の方です。教授先生にご紹介していただきました。

この先生はとても頭の良い方だそうで、指導法もちゃんと確立していらっしゃいます。このスランプを抜けると次はこれ、というのをわかっておられます。

楽典の難しいものの一つに「これは何調か?」という調判定があります。姪はわからない所を教えてと時々私に頼って来ます。

しかし私の場合、3点セットの先生がピアノ専攻だったため、「自分で問題をやっておきなさい。」と言われ、受験の楽典は全て独学でした。だから調判定も難しい理論はすっ飛ばして、楽譜を読んで頭の中で音を鳴らして答えを出していたのでした。途中経過はぐちゃぐちゃでも一応答えは合っています。だからそれでも良しと思っていました。

一方姪の先生は作曲専攻なので、いろいろな調判定のルールを説明してくださり、理論的に答えを出して行くという正統派です。問題の楽譜を分析して、「次の音に跳躍進行しているから音階固有音である。」とか、「この音は経過音である。」などいろいろ書き込むのです。

これは試験問題の解き方として当然の事なのですが、私はそんなやり方があったことさえ忘れておりました。姪に聞かれた質問の答えは「ヘ短調」とでても、姪に「何故?」と聞かれると「だってヘ短調って楽譜が言ってる。」としか答えようがなく、姪に呆れられるのでした。

もう一つ姪が苦手なものに「この曲を最後まで演奏すると何分何秒か?」というものがあります。始めにメトロノーム記号が付いていて、拍子が途中で8分の6拍子や2分の3拍子に変わったり、「D.S.」や「bis」まで総動員し、結果的にはありえない曲になっています。

こちらは今のところ私の方が得意で、ここぞとばかりドヤ顔で説明しています。

【音楽大学に関するおすすめ記事】
音大ピアノ科生・卒業生の演奏を聴いて思う事
音大のAO入試を受けることになった生徒さんの小論文〜1.
「よほどのことがない限り大丈夫」のよほどの事とは?~音大実技入試

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください