リストについて

フランツ・リスト(1811年~1886年)ハンガリー出身のピアニスト・作曲家である。

オーストリア系ハンガリー人の父とオーストリア人の母の間に生まれた。祖国はハンガリーであるとリストは明言しているが、日常ではドイツ語やフランス語を使い、ハンガリー語は喋れなかったらしい。

ハンガリーの貴族エステルハージ家に仕えていた父親が、息子の音楽の才能を見出し、演奏活動をさせていた。そして彼の才能を更に高めるために一家はウィーンに移り住んだ。彼が11歳の時である。

ウィーンではリストはツェルニーにピアノを習う事ができた。ツェルニーの師匠はベート―ヴェンだったので、リストはベートーヴェンの孫弟子ということになる。

ツェルニーはリスト少年を我が子のように可愛がり、その才能に惚れ込んで無償で指導したという。ツェルニーに師事したのはわずか1年余りだったが、粗削りだった演奏技術はみるみる上達し、J.S.バッハからベートーヴェンまでの幅広いレパートリーを弾きこなせるようになった。

リストと言えば「ピアノの魔術師」と言われるほど、超絶技巧を駆使するピアニストである。これは当時のヴァイオリニスト・パガニーニの影響だった。パガニーニがヴァイオリンで披露した超絶技巧を、彼はピアノで表現するという偉業を成し遂げた。当時一世を風靡したヴィルトゥオーソ(達人)という言葉がぴったり当てはまる。

リストは一流の作曲家であったが、天才編曲家でもあった。当時の有名なオペラや交響曲などを、瞬く間にピアノソロにアレンジしてしまうのだ。

当時の演奏会は数人で弾くのが常識だった。しかし、どんな曲でも初見で弾けて即興演奏も巧みなリストは、一人でも時間が足りないくらいだった。リストが世界で初めて「リサイタル(独演会)」を発明したと言われている。

17歳の時、結婚を意識した女性と身分の違いなどで破局した後は、女性とのスキャンダルが絶えなかった。その類まれな演奏と美しい容姿でコンサート中に失神する女性が後を絶たなかったのは有名な話。

生涯結婚することはなかったが、子供は3人いる。(そのうちの一人は後のワーグナー夫人である。)

リストと1~2歳違いのメンデルスゾーン、ショパン、シューマンは早くに亡くなったが、リストは日本の明治時代まで長生きしている。

小説「ピアニ>ーズ」
小説「ピアニ>ーズ」