ショパンについて

フレデリック・ショパン(1810~1849)
ポーランドのピアニスト・作曲家である。

父親はフランス人で、ポーランドに移住してからはフランス語教育者として名を上げた。母親はポーランドの没落貴族の娘である。一家は音楽を愛し、ショパンは幼い頃から音楽が溢れる家庭で育った。好奇心旺盛なショパン少年は、物を観察するのが好きで、ユーモアの感性はずば抜けていたらしい。

7歳で作曲し、公開演奏をするようになるとモーツァルトベート―ヴェンのように神童として演奏旅行に出るようになる。父親の勧めでワルシャワ音楽院に入学し、首席で卒業する。ワルシャワ時代はショパンの両親は学生寮を経営していたようだ。

卒業後はウィーンで演奏活動をしていたのだが、祖国ポーランドで蜂起が起こり失敗に終わる。ウィーンでは反ポーランドの風潮が高まり、居づらくなった彼はパリ行きを決断する。パリではシューマン、リストらと親交を深め独自の音楽を切り開いていった。

リストの愛人であったダグー伯爵夫人のホームパーティーの場で、ショパンは運命の女性ジョルジュ・サンドに出会った。はじめは彼女に嫌悪感を抱いていたが、次第に掛け替えのない存在になっていったようだ。ジョルジュ・サンドとショパンの話はまた後ほど。

ショパンはそれ以前に恋したた女性が2人いた。一人は同じワルシャワ音楽院のソプラノの学生。彼女は学校一の人気者で彼にとっては高値の花だったらしく、結局話も出来ずに終わったらしい。もう一人はポーランドの貴族の令嬢マリアだ。彼女とは婚約までしていたのだが、ショパンの身分や病弱な体、そしてマリアの若さを理由に結局破談になってしまう。ショパンは39歳で亡くなるまで、最愛の女性マリアからの手紙を肌身離さず持ち歩いていたということだ。

失意のどん底から次々と珠玉の名曲を生み出したショパン。もし彼がマリアと結ばれていたら?ジョルジュ・サンドと出会っていなかったら?私達が彼の曲をコンサート会場で聴ける機会も減っていたに違いない。

小説「ピアニ>ーズ」
小説「ピアニ>ーズ」