スクリャービンについて

アレクサンドル・スクリャービン(1872~1915)
ロシアの作曲家・ピアニストである。

父親はモスクワの軍人貴族で、家庭を顧みるタイプの人ではなかったらしい。母親は有望なピアニストだったが、彼を生んでから産後の肥立ちが悪く、あっけなくこの世を去ってしまった。

母の死後スクリャービンは叔母に育てられるのだが、音楽の才能は亡き母から受け継いでいて、即興演奏が得意な少年に成長していった。

モスクワ音楽院では同期のラフマニノフとライバル関係にあり、作曲でもピアノでも首位を競っていた。しかし気難しく扱いにくいスクリャービンは、音楽院の教授に対してかなり反抗的だったようで、結局作曲の単位は取ることが出来なかった。

彼は友人と超絶技曲の制覇数を競ったために、右手を痛めてしまった。おそらく腱鞘炎だと思う。しばらく右手の演奏ができなくなった彼は、左手のための曲を書いていたのだが、その経験が後の曲に大きく影響を与えている。スクリャービンの曲の特徴の一つは左手の柔軟さとテクニックなのだ。

もう一つ彼の特徴は、「この曲は黄色。」「このフレーズは赤。」というように、音に色がついて見えることだった。ちなみに彼は、ハ長調が赤、ト長調がオレンジ、ニ長調が黄色だったそうだ。この感覚を色聴という。リムスキー・コルサコフにも色聴があるがニ長調は同じく黄色で、ハ長調は白だと言っている。人によって感じ方が違うようだ。

彼の初期の作品はショパンシューマンを彷彿とさせるが、後期では神秘和音というコードを作り、前衛的作曲家として知られるようになった。

このようにかなり変わった性格の持ち主だが、母校のモスクワ音楽院での指導では学生の意欲を尊重し、大変人気が高い教師だったらしい。トップクラスにいながらも作曲の単位が取れなかったという、自らの辛かった経験を踏まえて、学生達と向き合っていたのだろう。

小説「ピアニ>ーズ」
小説「ピアニ>ーズ」