音楽記号 モルデント(mordent)

モルデント

音楽記号 モルデント(mordent)

記号の付けられた音→一つ下の音→記号の付けられた音、
と弾く装飾記号です。

1小節目
「ド」→一つ下の音「シ」→「ド」と素早く演奏します。
その曲が作られた年代や演奏者の表現によって
弾き方が二通りに分かれます。

一つはモルデントの最初の「ド」が
拍の頭に来る弾き方です。
バロックではこちらが使われます。

もう一つはモルデントの最後の「ド」が
拍の頭に来る弾き方です。

2小節目
モルデントの下に
シャープやフラットなどの臨時記号がある場合は
真ん中の音を変化させます。
この場合「レ♯ドレ」と弾きます。
臨時記号については臨時記号の項をご覧下さい。

モルデントの最初の「レ」が拍の頭に来る弾き方と
モルデントの最後の「レ」が拍の頭に来る弾き方があります。

 

Theory~音楽記号に強くなる(←クリックしてご覧下さい)