近畿地区(大阪府を除く)のピアノコンクール一覧

三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県、京都府、兵庫県のいずれかで予選、及び予備審査が行われるピアノコンクール一覧です。

詳しくは該当するピアノコンクール名をクリックしてホームページでご確認ください。

コンクール名 予選及び
予備審査
最終選考
概要
JILA音楽コンクールメディア審査東京
参加資格は一切を問わない。第一次予選、第二次予選、本選共に自由曲で、同一曲でも良い。ただし、第二次予選、本選での演奏が規定時間を越えた場合は減点。連弾部門あり。
JPTAピアノオーディション全国東京
全国の音高、音大の指導者が加入する日本ピアノ教育連盟が主催。毎年研究テーマが決められ、それに沿った課題曲が出される。公開レッスン、講座も開催。
MMCA音楽コンクール近畿三重
三重県松阪市でで開催。参加資格は幼児から大人まで。幼児~小学生は課題曲があり、中学生以上は自由曲。気軽に参加できる大人の部は暗譜でなくても良い。連弾部門あり。
PIARAピアノコンクール東京
関東
中部
近畿
大阪
中国
九州
四国
静岡
東洋楽器主催。参加資格は小学生から大人まで。から年齢別の部門に分かれている。アマチュア部門、デュオ部門あり。海外6カ所(アジア)でも大会があり、地区大会に準ずる。全ての会場でスタインウェイのフルコンサートピアノ使用。
あおによし音楽コンクール・アマチュアステージ近畿奈良
奈良県で開催。音楽を生業とするプロフェッショナルを目指す方のためのコンクール。年齢制限あり。グランプリは日本センチュリー交響楽団との共演もある。
あおによし音楽コンクール・プロフェッショナルステージ近畿奈良
奈良県で開催。小学生から大人まで音楽を楽しみとされている方のためのコンクール。レイトスタート、ハンディキャップ部門もある。
大阪International音楽コンクールメディア審査大阪
大阪府豊中市で開催。参加資格は一切を問わない。予選、本選共に自由曲で異なる曲。ジュニア部門は17歳以下で同一曲も可。連弾部門あり。
大阪国際音楽コンクールメディア審査大阪
ピアノコンクールとしての水準は高く、海外からの受験者も多い。音楽学部を卒業していない人の部門もある。海外審査員によるマスタークラスも開催され、レッスンを受けることもできる。
カワイ こどもコンクール沖縄を除く全国神奈川
参加資格は小学6年生以下で、カワイピアノ生徒グレードを取得しているカワイ教室の生徒。連弾部門あり。ウェブサイトでの申込みは無し。
カワイ ピアノコンクール沖縄を除く全国神奈川
参加資格は高校1年生以下。ウェブサイトでの申込みは無し。申込時点でカワイ音楽教育研究会に入会済みの事。連弾部門あり。
グレンツェンピアノコンクール全国東京
参加人数は国内最大級。全て課題曲で、コンクール実施前に課題曲の公開レッスンや講習会も開かれる。予選→本選→地区大会→全国大会という流れで課題曲もその都度変わる。
滋賀県ピアノコンクール近畿滋賀
参加資格は滋賀県在住、又は在学の小学生から大人まで。課題曲より選曲。予選、本選共に一般公開。
ショパン国際コンクール in ASIAメディア審査(海外のみ)
全国
神奈川
水準の高いプロフェッショナル部門の他、ソロ、コンチェルト、ショパニスト(アマチュア)部門がある。ソロ部門の参加資格は幼児から大人まで。世界で活躍する入賞者を数多く輩出している。
全日本ジュニアクラシック音楽コンクール沖縄を除く全国東京
参加資格は幼児から大学生まで。大学院生は含まない。全て自由曲。一人につき何箇所でも申し込み可。
宝塚ベガ音楽コンクール近畿兵庫
兵庫県宝塚市で開催。優秀な音楽家を輩出している実績があり水準は高い。年齢制限がある。予選は課題曲と自由曲と併せて7~8分。
宝塚ベガ学生ピアノコンクール近畿兵庫
兵庫県宝塚市で開催。参加資格は幼児から大学院生まで。小学生から高校生までの部門はJ.S.バッハの課題曲と自由曲。幼児と大学生の部門は自由曲のみ。
中国音楽コンクールメディア審査兵庫
兵庫県神戸市で開催。中国音楽の普及がコンセプト。受験曲は中国の作曲家による中国音楽に限る。一般の部と専門の部があり、年齢にかかわらず各自のレベルで受験できる。
東京国際ピアノコンクール東北
関東
東京
中部
近畿
中国
四国
大阪
東京
参加資格は3歳から大人まで。予選の課題曲はエチュードのみ。愛好者部門は18歳~49歳と50歳以上に分かれている。
名古屋International音楽コンクールメディア審査愛知
愛知県名古屋市で開催。参加資格は一切を問わない。予選、本選共に自由曲で異なる曲。ジュニア部門は17歳以下で同一曲も可。連弾部門あり。
日本演奏家コンクール東京
近畿
中部
関東
音楽専攻生達にも人気があるコンクール。プライマリー(基本コース)、ピアノコースがあり、年齢や経験を基に細かく部門が分かれている。ピアノコース第二次予選はJ.S.バッハの課題曲も含まれる。連弾、2台のピアノ部門あり。
日本クラシック音楽コンクール全国千葉
大阪
神奈川
東京
クラコンと呼ばれ、音楽専攻生達にも人気があるコンクール。全て自由曲。連弾、アンサンブル部門あり。男女別になっているのが特徴。
日本バッハコンクール全国東京
参加資格は幼児から大人まで。J.S.バッハの作品が課題曲。同じ学年でも難易度によって2~3つの部門に分かれている。ピティナ提携コンクール。
日本ピアノ研究会 ジュニアコンクール沖縄を除く全国北海道
青森
秋田
宮城
群馬
栃木
埼玉
千葉
茨城
神奈川
東京
山梨
長野
新潟
愛知
三重
大阪
岡山
広島
香川
愛媛
福岡
本選課題曲にラテンピアノ曲を取り上げていることが特徴。参加資格は幼児から高校生まで。受験部門は年齢ではなくレベルで挑戦できる。連弾部門あり。
日本ピアノ研究会 ピアノオーディション沖縄を除く全国北海道
青森
秋田
宮城
群馬
栃木
埼玉
千葉
茨城
神奈川
東京
山梨
長野
新潟
愛知
三重
大阪
岡山
広島
香川
愛媛
福岡
本選課題曲にラテンピアノ曲を取り上げていることが特徴。参加資格は16歳以上。趣味、専門、指導者部門などの中で更に細かい分類がある。連弾、2台のピアノ部門あり。
ノアン フェスティバル ショパン イン ジャパン ピアノコンクールメディア審査東京
ベヒシュタイン輸入総代理店のユーロピアノ株式会社主催。一般部門は11歳以上。ピアノ演奏家部門は15歳以上。本選はコンサート形式。
バスティンピアノコンクール中部
近畿
大阪
愛知
幼児部門から始まり中学生以上の部門までとなっている。カテゴリーによって自由曲のみか、課題曲(主にバスティンの楽譜から)と自由曲の計2曲かになる。ピティナ提携コンクール。
"万里の長城杯"国際音楽コンクールメディア審査東京
兵庫
日中両国の音楽文化の交流、音楽活動支援などがコンセプト。参加資格は小学生から大人まで。予選・本選共に自由曲。ただし、予選と本選は異なる作曲家の作品を演奏する。
ピティナ・ピアノコンペティション全国東京
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)主催。世界でも最大規模のコンクール。幼児から大人までのソロ部門、デュオ部門、中学3年生以上のピアノ愛好者のためのグランミューズ部門がある。ソロ部門最高峰「特級」は国際コンクール入賞者を多数輩出している。
兵庫県学生ピアノコンクール近畿(兵庫)兵庫
参加資格は兵庫県内に在住又は在学の小・中・高校生。近現代の選曲が増加しているので、本選において「バロック・古典賞」を設けている。
ブルーメンシュタインピアノコンクール(大人部門)関東
近畿
中国
東京
参加資格は18歳以上。大人のピアノ愛好家の活躍の場としてのコンクール。暗譜でなくても良い。連弾部門あり。
ブルグミュラーコンクール全国北海道
宮城
東京
愛知
大阪
広島
福岡
沖縄
『ブルグミュラー25の練習曲』『ブルグミュラー18の練習曲』を中心にした課題曲。「何歳からでも挑戦できるコンクール」がコンセプト。ピティナ提携コンクール。
べーテン音楽コンクール北海道
東京
中国
中部
九州
大阪
近畿
関東
東京
神奈川
広島
音楽専攻生達にも人気があるコンクール。「ベーテン」とはドイツ語で祈るという意味。自由曲、バロック、課題曲の各コースがある。年齢や経験を基に細かく部門が分かれている。
ベートーヴェン国際ピアノコンクールアジア近畿
中部
東京
沖縄
九州
神奈川
部門によって6歳以下、10歳以下、15歳以下と年齢に下限を設けていない。16歳以上の部門もある。主にベートーヴェンの作品が課題で、予選と本選は同一曲も演奏可。
ヤマハ ジュニア ピアノコンクール沖縄を除く全国東京
参加資格は満15歳以下。課題曲はクラシックだが、自由曲は音楽のジャンルを問わない。編曲演奏が含まれるのがヤマハらしい。
ローランド・ピアノ・ミュージックフェスティバルメディア審査東京
参加資格は幼児から大人まで。予選はSMFミュージックデータとのアンサンブル演奏、又はピアノ独奏を録音し提出。ファイナルではオーケストラと共演できる。ピティナ提携コンクール。