好きなことから始めて好きなことで終わる

これは勉強にも言えることですが・・・。

例えばメロディベルが好きだったら、 最初にそれをやります。そして音符のカードをしたり音当てをしたり、リズム遊びをしたりピアノも弾いたりして最後に何か楽しいことをして終わります。すると生徒さんは「楽しかった」という記憶が多くなります。

いくら楽しそうに意欲的にレッスンしてくれていても、最後に泣いてしまったのでは台無しです。その子の好みをよく知って「音楽って楽しい~♪」と思ってもらえるように組み立てていかねばなりません。

個人レッスンでも前後の生徒達をまとめてリトミックをするのはとても良いと思います。やることも広がるし仲間意識や競争心も出てきます。人前で何かをする度胸も付いてきます。

「一緒にやって楽しかった」という印象を持つと、そのお友達に会うのもピアノレッスンの楽しみの一つになります。