自信を持たせるために褒める

幼児でも初めての事に対する不安は相当あります。

なので、出来たらとりあえず褒めます。これはおだてて機嫌を取るのではなく、自信を持ってもらうためです。

次にその子がどういう風に褒められたら一番意欲が湧くかということを探ります。

1対1のレッスンで、幼児の生徒に「上手にできたね。」と褒めていたのですが、ある時「こんなに上手に出来る人はなかなかいないよ。」と言うと俄然目をキラキラさせました。それ以来自信が付いたようでその項目は嫌がらずにやるようになりました。

特定の人と比べることは絶対いけませんが特別感を出すとよいでしょう。