大人になってからピアノを始めること

「私はもうXX歳なのですが、大人になってからピアノを始めるのは遅いでしょうか?」という質問をよく耳にします。

もちろん、音楽の道に進み指導者や演奏家になるには3〜4歳頃から良い指導者と良い楽器(アコースティックピアノ)が必要で、本人の才能と粘り強い忍耐力が不可欠です。

しかし趣味で好きな曲を弾くなら、大人からピアノを始めた人でも努力すれば必ず弾けるようになります。ピアノは何歳から始めても指が動かないということはないし、実際に定年退職された方がピアノを始められるケースも年々増えています。脳トレにも大変有効です。

思い立った時が自分の最年少。思い悩んでいる時間がもったいないので、ぜひ始めてみましょう!

ピアノは独学でも上達するか?

ピアノを独学すると決めた理由は大きく3つあると思います。

経済的理由
お月謝を払うのがもったいない。
時間的理由
仕事などで時間に融通がきかない場合があり、レッスンに行けるかどうか不安。
精神的理由
今更レッスンで叱られるのは嫌だ。恥ずかしい。ピアノの先生との相性が心配。

本当は大人の初心者でもピアノ教室に通って習う方が上達は早いです。しかし、独学は決して無理なことではありません。このページではピアノを独学で始めようと思われた方に向けて独学のノウハウを書いています。

独学では自分の好きな曲を自分のペースで練習できます。確かに楽器と楽譜さえあればいつでもスタートできます。しかし、間違った独学をすると、行き詰まり上達が遅くなります。いくつかの注意点をご紹介します。

ピアノを独学する際の注意点

楽器に注意!アコースティックピアノを選びたいが…
電子ピアノとアコースティックピアノの違い
アップライトピアノとグランドピアノの違い
選曲に注意!初心者はまず初歩的な楽譜を
バイエルは初心者向けの楽譜として優れているか?
大人のピアノ独学に適したおすすめ楽譜は…
リラ・フレッチャー ピアノコースの使い方
トンプソン ピアノ教本の使い方
基礎練習の楽譜(バーナムやハノン等)でテクニックを磨く
初心者用の楽譜が終わったら
フォームに注意!正しい姿勢と指の形で演奏を
ピアノを弾く姿勢と椅子の位置
健全な指の形
指使いに注意!楽譜は全部読む
動画の真似は上達を妨げる
正しい指使いは上達への近道
仕上げに注意!演奏に合格を出す基準
独学ピアノ合格の基準

初心者から中級者、上級者への道(筆者の楽譜体験記)

音大に行く人はどういう教材を使ってきたのですか?という質問をよく見聞きします。一般には受験コースのピアノレッスンは、5種類の楽譜を併用して進んでいきます。

指の訓練の曲
練習曲
バロック音楽
古典派音楽
ロマン派音楽・近代音楽

ロマン派と印象派・近代を分けて6種類の楽譜で習われる方もたくさんいらっしゃいます
あらゆる時代の曲がまとまった楽譜もあります(C+D+E)
バロック、古典派、ロマン派など、クラシック音楽の時代については簡単音楽史のページをご参考ください

ピアノの教本の流れは千差万別。その中で弾く曲も100人いたら100通りです。一概に何が良いかを決めることはできないので、私が初心者だった幼少期から、その後中級〜上級と進んでいく楽譜の流れを書き起こしてみようと思います。もちろん今は当時よりも入門書は増えているので選択肢はより複雑になっているでしょう。独学でピアノを練習する際、楽譜選びに迷われた方の参考になれば嬉しく思います。

筆者の楽譜進行マップ

楽譜体験マップ
ピアノを習い始める〜幼少期 その1
集会所の音楽教室~幼少期 その2
個人ピアノ教室~小学校低学年時代
音大の先生の下で〜小学校高学年時代
恩師と出会って〜中学校時代
いざ音大受験へ〜高校時代
遊ぶ暇もない〜大学時代